西山工房 春編③

西山工房 春編①にも書きましたが、

山津波の時の航空写真です。

土砂の真中より左側に、押しつぶされて埋まった下三方小学校が見えています。昭和43年に完成したばかりの鉄筋3階建ての校舎です。校舎前面に取り付けられていた大時計は9時31分でとまっています。
大時計は、児童、先生、住民の願いから、山津波の脅威を後世に伝えるシンボルとして、完成した新校舎に保存されています。

スタッフブログ