SELECTING EQUIPMENT

粉体装置のスペシャリスト「ユーグロップ」では、粉砕・分級から粉体輸送といった装置全般の販売や生産ライン構築のご提案を行っております。お客様の持つさまざまなニーズにお応えできる製品を数多く取り揃えてございますので、まずはお気軽にご相談ください。こちらのページでは、それぞれのシチュエーションにおける機器選定方法や、弊社製品のご紹介について掲載しております。

粉体輸送機の選定

一口に「粉体輸送機」と言ってもさまざまな機種が存在するため、どの機器がよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。粉体輸送機の選定を誤ると効率が悪くなり、生産性が下がる可能性もあるので気を付けましょう。粉体の物性にはじまり、工場のレイアウト、使用方法、コストなどを総合的に考慮した上で、最も適切な輸送機を選ぶことが重要です。
お悩みの要因としては、「粉体の物性(粒度、比重、含水率、摩耗等)」「工場のレイアウト(距離、障害物、機器配置スペース、角度等)」「使用方法(能力、製品の劣化、機器内残量、洗浄性等)」「価格面」など、様々あり、間違った機器選定をするとトラブルの原因となります。

ユーグロップの粉体輸送

弊社では、お客様のお悩みやご要望に合わせて選択していただける3つの粉体輸送機をご用意しています。他者で導入された輸送機についても考慮しながら最適なご提案を差し上げ、また前後の工程との兼ね合いやブリッジのトラブルにも総合的なエンジニアリングでご対応いたします。粉体輸送機の選定に関するお困り事は、すべて弊社にお任せください。

フレキシブルスクリュコンベヤ~原料にとらわれないスムーズな搬送を実現~

エアロメカニカルコンベヤ~粉塵、粉塊、ノープロブレム。幅広い対応力が魅力です~

空気輸送~発塵なしで優れた洗浄性能を持つ真空コンベヤ~

吸引式空気輸送機

分級機の選定

分級機は「風力分級」と「スクリーン分級(ふるい分け)」の2種類に大別され、さらにその中にいくつもの機種が存在します。そのため、粉体の特性や分級点、能力や用途によって条件を見極め、適切な機械を選ばなければなりません。こちらでは、生産性・品質の向上を担う分級機の選定方法についてご紹介します。

分級装置の種類と一般的な分級点

分級装置の種類と一般的な分級点

主な機種比較
  機種名 概要 特徴
振動スクリーン 振動スクリーン 震動源を用いて共振により直進振動を発生させ、重力で下面に網を通過させます。下面より風を吹き込み、比重差で分級する方法もあります。 大容量の能力処理が可能ですが、クリーニング機構がないため目詰まりが発生しやすく、微粉には向きません。
スクリーン分級
振動フルイ 振動フルイ 下部モータの偏心振動により粉を流動させ、重心で綱を通過させるタイプで、最もポピュラーな分級機のひとつ。強力型、超音波との組み合わせにより微分級が可能です。 仕様幅がかなり広いのが特徴です。重力落下タイプなので分級点に限界があり、目詰まりが発生しやすいというデメリットもあります。
スクリーン分級
ロータリシフタ ロータリシフタ 3または4の偏心軸をつけて同調回転させ、円周運動によって粉を流動させながら網を通過させるタイプの分級装置です。 段数が取れるため、通過面積が容易に増やせます。強制クリーニングがないので、こちらも目詰まりが発生します。
スクリーン分級
円筒攪拌フルイ 円筒攪拌フルイ 内部の攪拌羽根の押し出しにより、強制的に網を通過させることができます。円筒形の樹脂網は微振動しており、目詰まりがあまり起こりません。 構造が簡単なため、サニタリー性(衛生性・清掃性)に優れていますが、網が破れやすいのがデメリットです。
スクリーン分級
ブロワシフタ ブロワシフタ 内部の羽根の回転により強制吸引を行い、網を通過させます。その際、網面を圧縮エアーで洗浄しながら行うため、目詰まりがほとんど起きません。 かなり細かい粒度までスクリーン分級ができます。ただし、付帯装置が必要です。
スクリーン分級
強制遠心分離 強制遠心分離 内部のロータにより遠心力を発生させ、微粉のみ外部ブロワにより吸引される分級装置です。粒度の調整はロータの回転数、二次エアーの取り入れ量によって行います。 1μmまでの粉を任意の粒度で分級することができます。ただし、スクリーンを使用しないため「飛び」が多くあります。
風力分級
比重選別 比重選別 内部ロータによって風を循環させ、品物の比重差によって分級を行います。異物の除去や比重差が大きい粒子の場合に有効です。 大容量の処理が可能です。その一方で、比重差が少ない場面では、分級機として使用できません。
風力分級
重力完成分離 重力慣性分離 原料を気流に乗せて管内に投入し、慣性と気流の抵抗を利用しながら粒子の飛行軌跡の違いによって分級を行います。 1μmまでの粉を希望の粒度ごとに分級できます。スクリーンを使用しないため、「飛び」が多いのが特徴です。
風力分級

分級機にはさまざまな種類があり、それぞれに長所・短所が異なります。生産性を高める最適な機種選びは、粉体装置のプロである弊社にお任せください。事前に丁寧なヒヤリングを実施することでお客様のお悩みやご要望をしっかり把握し、粉体システムの前後の工程まで考慮しながら効果的な分級機をご提案いたします。

時代が求めるクオリティーに応えます~ユーグロップの傑作分級機「ブロワシフタ」

微粉砕の技術向上を受け、近年では微粉の取扱量が業界を問わず増加傾向にあります。「さらに細かな分級を」というニーズも増えており、微粉を確実にかつ効率的に分級する機器が求められています。

弊社の風力を利用した分級機「ブロワシフタ」は、開発から40年の間、さまざまな改良を加えられながら多くの粉体を分級し続けてきました。精度と効率の両立を求める粉体業界からの注目度も高く、現在も幅広い分野で活躍を続けています。高い信頼性でロングセラーを続ける、弊社の傑作とも言える分級機です。

時代が求めるクオリティーに応えます~ユーグロップの傑作分級機「ブロワシフタ」
ブロワシフタの特長
高精度な分級 オン品の粉がパス品に混入することがありません。
超微粉末の分級 10μmの超微粉末にまで対応。エアーブラシの効果で目詰まりがなく、微粉カットから数ミクロン微粉末までふるい分けできます。
長寿命を実現 粉が風によってスクリーンを通過するため、負荷がかからず長寿命です。また、スクリーン交換も容易にできます。
故障が低リスク シンプルな構造なので故障のリスクが少なく、修理も簡単に行えます。
振動・飛散なし 飛散がない密閉式です。自動連続運転で振動もほとんどありません。
湿粉等にも対応 静電気が発生しやすい粉や水分・油分が30%以下の粉など、分級がしにくい粉であっても利用できます。
ブロワシフタの主な適応例
アルミナ コーンスターチ 消石灰 活性炭
アクリル粉体塗料 シリカ 炭酸カルシウム ポリエチレン
PVC 亜鉛粉 塩ビ粉 アンチモン
カーボンブラック 小麦粉 ゴム 研磨材
ナイロン 大豆粉 ガラス粉 食塩
酸化チタン ソーダ炭 ニッケル 炭化ケイ素
医薬品・食品に最適なサニタリータイプ

品替えが頻繁に行われる原料用に開発された、サニタリータイプもご用意しております。前面ケーシングおよびスクリーン部の2枚扉機構によって、機会内部の部品分解が容易に行えます。その他、以下のような特徴があります。

  • ボルト・ナットレス構造のため、工具具用で分解・組み立てが容易
  • 溶接部分がビートカット
  • バフ#300相当内外面・研磨仕上げ

※2枚扉機構は弊社の特許取得済みです

あわせて使うと便利な機器~高性能粒度測定器「ユーシーブ」
「ブロワシフタ」の技術を応用した「ユーシーブ」は、乾式でありながら非常に細かい粒度の測定を行える粒度測定器です。25~10μmの測定が可能であり、短時間で精度の高い粒度測定ができるのが大きな特長です。品質管理、粉砕・分級システムの運転条件の設定、管理にぜひご利用ください。 あわせて使うと便利な機器~高性能粒度測定器「ユーシーブ」
特徴
  • 高い測定精度を実現できる
  • 乾式による測定が可能
  • JIS標準のふるい網が使用可能
  • 短時間で容易に測定ができる
  • 測定者に特別な技能を必要としない
  • 粉塵が発生しない
  • ランニングコストが安くリーズナブル
原理

メインエアーが上部の入り口から侵入し、網面に従って下方向へ流れます。一方、回転するノズルからジェットエアーが網面の下側からふるい網内へ激しく噴出し、これらの気流によって網の中の原料が激しく分散されることで、目詰まりを起こすことなく短時間で完全にふるい分けされます。

圧縮空気を用いたジェットエアーのクリーニングおよび分散の効果は非常に強力です。そのため、今まで湿式で実施していた細かい粒度範囲まで乾式で完全にふるい分けられるようになります。

原理
測定時間テスト 目開きよりも細かい粒子が通過する割合を、時間の経過ごとに測定したデータが右のグラフです。原料にはシリカ粉を用い、3種類のふるい網でテストを実施しました。粗い網のほうが短時間でふるい分けが完了しますが、25μmの場合でも4分で完全にふるい分けが完了しています。 測定時間テスト
モデル名 YS200
本体
材質 粉接部 SUS304
モータ ノズル用 90W 100V 単相
ボールバルブ 風量調節用 32A
オーメータ 風量測定器 OM32A
篩網感知センサ ノズル回転インタロック用
圧縮空気接続口 フィルタ・レギュレータ、電磁弁付
寸法・重量 W1205×D300×342(20kg)
操作盤(テーブル置きタイプ)
内蔵品 風量用差圧計、運転タイマ、モータコントローラ、押しボタンSW シーケンサ、インタロック回路
寸法・重量 W400×D300×H160(3kg)
ふるい網(JIS標準・Oリング付)
サイズ φ200×H40

乾燥機の選定

乾燥機は、対象物の形状・物性といった条件や熱効率、製品への影響などを考慮し、多くの組み合わせの中から最適なものを選択します。粉体装置のプロである弊社なら、乾燥機本体の選定はもちろん、投入や排出・制御方法までを含めたシステムのご提案が可能です。効率的で均一な乾燥を実現する設備をご提供いたします。

選定の要因
乾燥前後品の物性 形状・粒度・比重・水分・比熱・許要温度など
処理条件 連続バッチ・能力・熱源・設置スペース・防爆など
使用方法 前後(仕込み・取出し)・分解・洗浄性
主な乾燥方法と比較表
加熱方式 投入方法 乾燥方法 装置の種類 乾燥効率 真空 洗浄性 設置スペース 特記事項
熱風
直接加熱
バッチ式 棚型乾燥機 通気乾燥 平行流乾燥機、除湿乾燥機、
真空凍結乾燥機
など
流動乾燥機 流動層 不可 フロードライヤなど、造粒が可能
直火乾燥炉 キルン 不可 高温乾燥が可能
連続式 気流乾燥機 施回気流乾燥 不可 輸送しながら乾燥が可能
バンド乾燥機 通気乾燥 不可 × 熱風、遠赤、マイクロ波乾燥が可能
流動乾燥機 振動流動 不可 凝集物◎
対流乾燥機 スラリードライヤ 不可 スラリーから粉末へ 凝集物◎
噴霧乾燥機 スプレードライ 不可 造粒が可能 液状から粉末へ
ジャケット
間接加熱
バッチ式 撹拌乾燥機 撹拌混合型 縦型、リボン型、高速撹拌型など
振動乾燥機 容器振動型 縦型、横型あり、凝集物◎
回転乾燥機 容器回転型 コニカルドライヤ、ドラムドライヤなど
連続式 撹拌乾燥機 オーバーフロー型 不可 ディスクドライヤ、パドルドライヤなど
輸送乾燥機 スクリュ型 不可 スクリュドライヤなど
円筒乾燥機 ドラムドライヤ 不可 液状からフレークへ

粉体システムに関するお悩みやトラブル、すべて承ります メールフォームはこちら 粉体装置のスペシャリスト ユーグロップ株式会社TEL:06-6391-6999

トップへ戻る